最初は皆怖がって譲り合った最前列

慣れて来ると皆行きたがった

年寄りの僕はおとなしく3列目左サイドに落ち着いた

前にも触れたが、キールの無いゴムボートは

進む事で指向性を持ち渦の中でも真っ直ぐ行く事が出来る

左右3人が等しい力で同時に櫂を漕ぎ進めなければ成らない

多数は右利きなのでどうしても左に進んでしまう

知ってのとうり僕はオールの経験が多少ある

又僕の位置は全員を良く見渡せる

そんな経緯で一生懸命コントロールしながら

一日中 全身全霊で漕いだ

若者に比べても 2,3倍 力強く上手に漕げたと思う。 


しかし


ボートは7日土曜日 8日後 15日日曜日大里夕方 反動が出た

左手が上に揚げられなくなりキャノピーをかたずけるのも一苦労

右手だけの運転で帰り痛くて熱も出た

次第に回復したが 左手が臍より上に必要な時は右手で左手を持ち上げて

用を足す不自由さが続きやっと今日電車のつり革が左手だけで掴めた。

既にキャンセルしたが

この調子なら北海道の50キロフライトも参加出来たかもしれない


6月1日 僕の大里フライト 五十嵐さんのページをご覧ください

http://wwwing.huuryuu.com/page091.html


○田さん青い機体が僕です