9日土曜日は秋の気配 久々の賑わいだった

----

翌日曜 映画「ダンケルク」を観ようと予約画面を覗く


良い天気なのに劇場は一杯だった

雨の予報の火曜日に行く事にし

今日は話題のこの監督作品をDVDで観る事にした

メメント 10分しか過去が記憶出来ない男

インターステラ 植物が砂嵐で消滅 酸素濃度が減少 地球外に新天地を求める

インセプション 夢で夢を見更に数段階夢の中に入り込み現実が判らなくなる

----

11日月曜 久々の秩父 そろそろ自由作品を撮らなければならない

先ず巾着田に向かった

_DSC4345

一寸速かったかな

Kさんに教わった切断所

やった!!あつた

_DSC4381



人の気配は全く無い

_DSC4404



フェンスが邪魔なので脚立をと思ったが 碍子の数を見

止めた 看板にただ 「入らないで下さい」とだけ書かれている

よけい怖い 早々に引き揚げた


右手に二子山が見えてきた

Mちゃんが家族で登った? いや~とても わてよいわんわ

_DSC4409



みとれ過ぎ 志賀坂峠を越え462号丸岩に出て仕舞った

_DSC4416


両神山八丁トンネルまで覗いてみるつもりだったのに

合角ダム長瀞等廻り254号でした道で帰宅は21時だった

秩父は遠い

----

火曜は予定どうり ダンケルク

圧倒的なドイツ軍にフランス、英国兵30万は此の地に追いつめられる

ドーバー海峡の彼方 祖国英国が見える

灰色の雲の下

我先にの気持ちを静かに描いてゆく

P8270310


此のドラマは戦時下の英国 小さな町の警察

戦争中でも事件は起きる 人の目は大きな戦争に向けるが

被害に逢った本人には戦争以上の大事件だ

そんな中刑事フォイル(マイケル キッチン)は静かに問題を解決していく

P8270309



今 日本も戦後70年体験者の減少かとてもきな臭い

このドラマを見ているとダンケルクが一層悲しい

P8270311


------

水曜日 予期せず高尾山を登る事に成った

出かけた多摩動物園が休園だったから


重いカメラフルセットを背負って20分もするとサイレンが近ずいてくる

滑落、心臓麻痺、熊???


_J9A5163

_J9A5167



_J9A5162


何事も無く薬王院を過ぎ 頂上

_J9A5172



平日なのに凄いにぎわい 富士山は見えない


すでに一時なのに弁当をつかう場所が無い

秘密の場所に20㍍程降りた 売店の北側 見上げると便所が見える

登頂の達成感が感じられないこの場所

苔むした テーブル5台中 4台が空いている


京王電鉄員の帽子と登山者が談笑している

静かに弁当を食べていると3人の科捜研?がやって来て写真を撮り始めた

ここがサイレンの現場だった


僕の一個置いたテーブルで人が横たわっていたそうだ

談笑の登山者が通報し鉄道員は駐在さんだった

事件性は無いと認められ弁当を食べる間

捜査の全てに立ち会ってしまった

自殺 未遂?

-----

翌14日木曜日

6時半甲州街道を大弛峠へ目指した

川上牧丘林道を北上三国峠道を野辺山に抜けられるか

1年前 中津峡から日窒鉱山を訪ねた際諦めた道 先を知りたかった

_DSC4438


道なき道を鹿に教えられ武田軍は進軍したのだろう

此の山は落石が多い200㌔位の岩石がいたる所落ちている

_DSC4465


山が一つの岩石でなくこんな石で全部出来ている

_DSC4469


峠迄500㍍ ここまでは舗装されすごく良い 勝沼から1時間?位かな

(僕は撮影の為2時間以上かかった)

_DSC4470


峠の駐車場は車であふれていた

北奥千丈岳40分が適当だが昨日の高尾山が意外と足に来ている

再帰を期待し夢の庭園15分とした


弱気だが山行きはきちんと支度と覚悟がないとね

_DSC4492



まん中右が駐車場 高いのが朝日岳 70分

更に 70分 金峰山100名山 五丈岩が僅かに望める

ここも大きな石の寄せ集めだった

この山の成り立ちをブラタモリで見てみたい

駐車場で多くの人々から 先の道情報を聞くと僕の車では無理と教えてくれた

_DSC4530


戻りながら フルーツ公園で食べ遊び 大月までしたみちをのんびりと走り帰った

_DSC4551



夕日を浴びたい稲は美しい