展示会場隣の「船の科学館」大駐車場

満杯寸前に滑り込みます

きずくとそこは少し異次元の世界、

昭和に引き戻されたケンメリ時代の車

改造車たちだちが「あの人は今」の様に

奮闘鎮座自己主張していました。

会場へいそぎます

既に500人位の当日券をもとめる列、

99.99%男です。




僕は車に詳しくないので写真は歩いた順に載せます


_DSC8892


牛乳配達屋さんが日常でしたね

_DSC8896


親父の運転するラビットに乗っている写真が有りましたけ

_DSC8898


ビックの真似でしょうか、ピックアップバン始めてみました

_DSC8901


高橋さんだか彼女にプレゼントだかな?

_DSC8902


飽きない容ですネ

_DSC8905


落第した先輩(工場主の倅)がかっこ良く乗ってました

_DSC8910


女性専用車がありそれを友人が姉さんから借りて壊(廃車)しちゃったケ

確かフランスかのデザイン

今でもなかなか良いですね

_DSC8911


超軽いサニー 今のスカイみたい

_DSC8912


僕はGTO

_DSC8914


この色です リアウインドにブラインドを付け

太いタイヤにパワーステアリングが無く

まるで運転は筋トレです

深夜伊豆半島のコーナーを随分攻めました

_DSC8915


こんなナンバーあったのでしょうか



さて りんさんの車です

_DSC8918


1952年 陸王の会社製だそうです


_DSC8920


タイヤも当時の純正だそうです

_DSC8923



誰かサイレンを回していました もちろん正常です


_DSC8927


お友達がエンジンをキック

白い煙も出ず爽やかに現役

_DSC8937


昔懐かしい方向指示器も健在

素晴らしい

_DSC8945



お店もいっぱい出ています

_DSC8949


トラックはあまりかわらないけど此れは良く覚えてきます

_DSC8955


ダットサン会があり程度の良いものが沢山残されているようです

_DSC8956


同じ車ですが前だけ古いナンバー

良いものは5万位 二枚揃うと又 刻印が有ると更にだそうです

_DSC8958


曲線がキレイでした

_DSC8959


シルビア かっこ良い

_DSC8960


コンテッサ憧れでした

_DSC8961


きれいに残してますね

_DSC8965


ルノーはかっこ良いですね



2時間 寒いので退場し400㍍先の未来科学館に向かいます

水素がテーマの展示だそうです

_DSC8966



いや く~だらない

子供の科学誌の附録の様な実験

立派な建物に似合う展示を期待します


例えば今なら下町ロケットの水素バルブ制御、北朝鮮核融合は危険としても

燃料電池 風船はなぜ萎むでもいい

自転車こいで電気分解で水素造る展示は

60年古い時間泥棒と思いさっさと後にし

宗谷に向かいます

_DSC8969


此の船の人生 凄いですそれにまだ生きてます

_DSC8977



毎日変わり行く東京湾に有って今後何を見とどけて行くのでしょうか


父から教わった南氷洋の経験を思い起こしました。


_DSC8934


_DSC8940


_DSC8941