20140126-_DSC7145


門司 対岸は下関

始めて海峡に来ました

僅かな隙間ですが本州が陸繋ぎでは水運に随分不便だったでしょうね


朝早く南阿蘇を出発 この日は350キロの長丁場です

九重連山を廻り九重で高速にのり唐津を目指します


P1250169


北九州は大陸との接点 ここは秀吉の中国征服拠点

_DSC7021


戦国時代の城と違い城壁が穏やか

_DSC7025


戦の城ではないようです

P1250170


P1250171


P1250172


周辺は大名が陣営を築き大陸へ渡航の準備に追われています

P1250176


日本の戦闘艦

P1250179


朝鮮の戦闘艦 鉄板の装甲

これでは当たり前で日本は大敗を喫します
 
P1250181



勤勉で実直な我々

ルーズで怠惰な国際人を見下しての常敗

複合応用問題が苦手な単純民族日本人

そんな日本人の原発が心配です


P1250165


玄海原発は城のすぐとなり

P1250143


実物大の模型は大迫力

P1250146


福島とは方式が違い建屋が無く

堅いカプセルに全てが入っているようです

P1250151

僕の勘では常温で500気圧位耐えるこのパイプ

でも何度の高圧熱水なのか気が付かなかった

ここでは二次熱水がタービンを回し

正常なら扱い易いタイプ

P1250153


制御棒も上から出し入れ

P1250164


福岡はまるで東京

中洲のそばはビジネスで2万円以上

ばかばかしいので福岡湾対岸のリゾートホテルです

20140125-_DSC7063-2


翌朝中洲に行くも土曜が夜の喧騒にゴミだらけ

風俗の看板だらけにも嫌気がさして

早々に大宰府天満宮へ向かいます


20140126-_DSC7086



20140126-_DSC7093



20140126-_DSC7104



20140126-_DSC7116



20140126-_DSC7100



20140126-_DSC7108


これから受験シーズンとあって

皆真剣なまなざし

早くきて良かった 駐車場を出る時 入り口で待つ車が長蛇の列

20140126-_DSC7098


北九州は7世紀と12世紀 中国からの侵略にさらされる歴史が


門司です 一見どこか横浜のたたずまい

20140126-_DSC7135




20140126-_DSC7139


旧門司駅

なんで壊しちゃうのかな~

20140126-_DSC7140


人はいずこに

20140126-_DSC7143


夕方新門司港より大阪泉大津港に向かい

夜中おしっこに出て偶然本四架橋3本全て目視出来ました。


朝6半大阪 東名で東京2頃到着

九州で1900㌔ 大阪往復1060㌔

10泊11日の有意義で楽しい旅です


が! その後 目の廻る一か月でした。