2016年12月

山東菜再び

IMG_0349

IMG_0357


IMG_0379


エリアで育った山東な

******
 年末はどこに行っても急きたてられ気がせく。

 手帳にあれほど一杯だった予定事項が

週明けから一気にかたずいた水曜 昼


 午後から正月支度のスーパーなどで無駄に過ごしたく無く

 勢いずいた脳は有意義に時間を消費したい気持ちでいっぱいだった。



PC300084

 山東菜漬物他の工場も見てみたい気持も残り 

又 義さんだかが日光街道は16号から先は高速の様だよ

と云っていたのを思い出し (よし)いい機会だと飛び出したのが

12時 ナビは85㌔2時間45分と教えてくれる


 実は先日買った3,800円の樽、

深夜降った雨水で駄目にしてしまったのです。



年寄りは気が短い!!ひまは山ほどだが時間は無い、

来期が待てないのだ


 いっ直線に工場へ向かい3時に到着

PC280054

500㌘ 4袋 で1,000円 値段も良し

PC280056

 工場も本格食品工業の清潔さ 満足。


 此処は筑波山の西 鬼怒川のほとり、

何となんと川越メンバーでツアーに来た場所だった、なつかしい。

PC280061

 早速近くの公園で試食、

PC280059


腹減った遅い昼飯です、実に美味い。

PC280063

  やっと小袋にたどり着けた 

後は漬け直し古漬けを楽しんでみるつもりです。 

****************

PC300083


山東なのレポート完成!!

山東な



りんさんに大うけした山東菜 少し調べてみました

三越伊勢丹のネット販売3㌔で4000円

僕の買ったのが2.5㌔で980円

ネットで調べると何処も三越の値段に合わせています

どうしてこんなに違うんだろう?



23日は埼玉で冬タイヤ履き替え予定ですが其の前に

心当たりを廻って見る事にしました

PC230001


東浦和の角上の隣ヤオフジ


昔此処で買って自分で漬けていました

PC230004

野菜は有りますが漬物はありませんでした

2株で2300円 

下北沢のオオゼキでは2株で900円です

 高い!!

季節限定特殊な品物に相場は無いようです

あやしい フムフム


PC230008


楽農三恵園を訪ねました

PC230011

中川と元荒川の合流 水郷地帯

PC230010


食品工業とは思えぬ倉庫で製造販売 

大半がネット注文


--


買って食べてみるのが妥当です


PC240017

左は買い足した従来の品、右の樽が今回の3㌔入り 

「保存の仕方」開封したら2㌔の重石を載せて下さいとあります

未だついていないようで

まん中の我が家の漬けもの壺に移します


無添加ですと胸張りますが 塩とトウガラシで軽く漬けただけ

ひがんで言えば ボロ 儲け

PC230016


うまい商売も有るものだと感心、

あと40年若ければ直ぐ真似したい処ですが、致しません!

-------------------


小売店と違ってネット販売は信用を築く必要が全くない、と云う事がわかりました。


元荒川ほとりの公園で角上のお寿司を食べ一人納得しタイヤ交換に向かいます

PC240018

3㌔¥3,758 と今日買い増した近所の2.5㌔¥1,058


こんな沢山の漬けもの どうする

血圧 ヤバイ














ダイヤと山東菜



歳をとるのは寂しい

なにより食べ物が旨くない

高級旅館はあまり泊らないから別として

近頃めっきり美味い店が見当らない

うなぎは別としてレトルトとか缶詰が良い

松葉蟹が二万とかテレビで騒いでいるが

チャトカの蟹缶の方が間違いなく旨いと思う
(今は幻缶かな?)
帆立貝も缶詰の方がよい

--

断然美味な山東菜が手に入った

PC200001


賞味期限は31日まで、毎日の食事がたのしみだ~


運動すれば飯が沢山食べられる、迷いなく高尾山だ


峠でローソン「紅じゃけハラミ」のおにぎり二つ

PC210007


おかずはこの山東菜

PC210010


この歯触り うすくなめらかでしゃっきり

シホンジョーゼットの肌触り

血糖値はゆっくり上げないといけないので昼食を二度に分けました

15分登り一丁平で二食目

PC210015

勿論漬物も少し分割

PC210014

あ~~ 最高 

満足の下山 るんるんでコーヒーブレイクに読書

PC210020

オット山頂に戻ると凄いひとひと

PC210023

ダイヤモンド富士だそうです

既に20人は居ます 14時05分

PC210024

カメラもコンデジだし師走に写真なんか撮ってられません

最大欲望の食事だから時間を割いたのに写真なんかにとてもとても。








強風は北西

珍しく飛べない両日となりました


今日は楽しみなフォト大賞の選抜日


そして忘年会です


前日優勝を祈願しに薬王院へ登殿

高尾山は北西を山々に囲まれた山塊の南東端

冬の時期フライトエリアの小屋が吹き飛ぶ強風でも

穏やかな木漏れ日が射し込む山道です

PC100002



一号路を30分、ケーブルの山頂駅まで「2/3」を登った見晴らし台


今日は野鳥観察の団体が大勢います


ここまでが一番きつい、いつも着ていた2枚はぬぎ3枚となります


ここから約45分で頂上

PC100004


雲もぶっ飛んで富士山がきれいです

PC100015


さらに60分 12時15分 一丁平到着

富士の南東面の乱気流が山飛びの怖さを伝えます

PC100018


雲の動きをいつまでもゆっくり見ながら 贅沢な昼食

この30分を味わう為だけの山行きです

PC100021

4,50㌔はつずくでしょうか

富士山で発生した雲がまるでSL機関車が山裾をめぐり進む様に観えます


雲と遊ぶ 楽しいですネ。





高尾山


週一の高尾山の参拝二週ほど所用で休むと

なまった体が軋み少し不安になる

_DSC1156


寒いせいか珍しく視界がきく

_DSC1158


_DSC1166


_DSC1170

28日月曜日なのに山頂

紅葉祭りに外国人が加わって大賑わい

ケーブルカーを使い此処でビールを飲み引き返す方が大半だ

_DSC1199

坂上に茶店がある

_DSC1179

紅葉台 昔はもっともみじが綺麗だったきがする

_DSC1180


茶店の景観

_DSC1197


裏からの紅葉台


*****

一丁平

_DSC1183

僕は此処で昼飯

_DSC1182


_DSC1190

城山頂上 

_DSC1192

ぼんやり津波の様に見えた影

500㎜の望遠で捉えると超高層のビル群だった

_DSC1201


高尾山頂に戻るとまるで竹下通り

ケーブルカーは40分待ちだそうだ


定刻に薬王院に降りお勉めを撮影

_DSC1217

21日がありがたいらしく

参拝帳に印を21回記す

_DSC1236

一位が99冊

_DSC1237


一回100円だそうだ

_DSC1253

下りのリフトも200㍍の列だった

-------------------------------------

30日水曜日 此の日も寒かった

チャリで高尾山に向かう

_DSC9959
 
8時半に出発し多摩川のエリア 富士山が綺麗だ

_DSC9968


周辺で一番の自然地帯 

_DSC9974

観察小屋周辺は超望遠が一台

_DSC9981

今日はここまで


PB300181

北野街道横浜線 湯殿川 打越橋

近くの平山城址公園でお昼ご飯です

PB300185

PB300187

広すぎだし凄い丘陵地帯

PB300188

徘徊せずご飯の食べ退場

_DSC9986



日暮れが早く 4時30分にぎりぎり帰宅 くたくたでした。




























ギャラリー
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
カテゴリー
  • ライブドアブログ