2015年12月

エアーウイング ミニ大会


五十嵐さんがニューハドロンを持ちこみました

_J9A0093





_J9A0108


_J9A0119


_J9A0340

_J9A0356

_J9A0367

_J9A0371


風がむずいので グラハン大会から始まりました


20151212-_J9A9681


 五十嵐さんは慣れない機体がハンディですが!

20151212-_J9A9684


エースが苦戦 

20151212-_J9A9688


五十嵐さん手を抜きません

20151212-_J9A9691



20151212-_J9A9695


プロは影さえ踏ませません


20151212-_J9A9704


20151212-_J9A9707


猛牛もりちゃんも仕事が忙しく 体力がいまいちでしょうか

20151212-_J9A9711


20151212-_J9A9717


地味ですがピカイチの対決

20151212-_J9A9721


20151212-_J9A9728


りんさん慣れない機体に残念

20151212-_J9A9733


20151212-_J9A9739


相手が強すぎでした

20151212-_J9A9745


20151212-_J9A9750


20151212-_J9A9754


20151212-_J9A9759


20151212-_J9A9762


満点が三人 決勝戦

20151212-_J9A9763


のむさん気の毒な重いハンディ

20151212-_J9A9771


20151212-_J9A9773



20151212-_J9A9775


ロングディスタンスが明暗を分けます

慣れ無い機体に遅れを摂ったのむさん

後半ぐぐ・くい~と追い越し引き離して

20151212-_J9A9777


20151212-_J9A9779


20151212-_J9A9783


ベテランの意地をみせます 優勝

さらに本番でも勝 のむさん文句なしの頂点に立ちました

20151212-_J9A9796


おことわり
 
手の空いた時しか撮ってませんので一部の方のみになります



本番です


20151212-_J9A9804

何故か後ろに

20151212-_J9A9810


今度は見事に

20151212-_J9A9830


ターゲットも内枠にイン

20151212-_J9A9847


脱帽です

20151212-_J9A9871


20151212-_J9A9876


20151212-_J9A9889


20151212-_J9A9907


20151212-_J9A9947


20151212-_J9A9959


20151212-_J9A9973


20151212-_J9A0004


20151212-_J9A0012


え~と 6はどちらかな~

20151212-_J9A0034



皆動画の用意です

20151212-_J9A0044


20151212-_J9A0051


20151212-_J9A0055



20151212-_J9A0110


20151212-_J9A0134


流石

20151212-_J9A0136


20151212-_J9A0141


でも枠内で止まれない 審判も避けるのに大変

失格 0点です

20151212-_J9A0144


大会 新ルールを決めたマスター

20151212-_J9A0148


20151212-_J9A0176


ビデヲ判定 準備万端

20151212-_J9A0209


20151212-_J9A0212


20151212-_J9A0216


微妙ですが 満点枠端を踏んでます

20151212-_J9A0225


でも 勢いが早い 止まれるか!?

曲がって留まり満点

----------

なんと!!

元校長 15年ぶりのフライトだそうです

このフォーム 頭の隅の記憶が よみがえる気がします

或いはマスターに引き継がれたか

姿勢は 指紋のようですネ

_J9A0411


_J9A0418


_J9A0446




かおりんも

20151212-_J9A0226


20151212-_J9A0235


20151212-_J9A0246


20151212-_J9A0256


20151212-_J9A0264


撮ってる僕には小さな球は追えません

闇雲にシャッターを押し

あ 良さそうですネ

20151212-_J9A0279

笑顔は 善し悪しどちらかな~

20151212-_J9A0300


少し手前に降りちゃいました

ひと頑張り6点を獲りに

20151212-_J9A0306


あれ!上が6 蹴るしかないか

20151212-_J9A0310


変な処で止まっちゃいました

20151212-_J9A0313


3+5+1で9点かな?

ベテランもシンホニーの方々にも安全で楽しい大会だと想いました。





















川越エリアの季節


毎週末ごとエリアで

今年と言う歳がが消えて行きます

後 3回か ・ ・ ・



5日忙しい中ポツポツと集まり始め3時過ぎ

絶好になりました

_J9A9468



マイケルさん 2015燃 ビデヲお疲れ様



来年用でしょうか 今日も夕日を背景に撮影を始めました


_J9A9478



青とオレンジの二機 スラローム編隊が
 
夕日の青空に溶け込んで綺麗です

_J9A9493


_J9A9499


う~さん

_J9A9506


よしさん

_J9A9512


森野さん

_J9A9537


ふじさん

_J9A9544


_J9A9548


_J9A9563


_J9A9566


_J9A9573


_J9A9575


_J9A9580


_J9A9589


_J9A9597


_J9A9601


_J9A9607


去年のミニ大会優勝賞品のフライトスーツを着込み

暖かいよと

遠出したのむさんがゆっくりと着陸


今年の大会はどうなりますか楽しみです















アテンザ実走燃費Ⅲ(最終) 初めての中国地方 旅



二か月位前でしょうか鉱山誌でセメント工場見学ツアーを知りました

今年始め厳冬期糸魚川 工場の迫力に圧倒され

是非内側から写真が撮れたらと願っていたのです。


すぐ申し込み、予てから行きたかった

呉鉄の鯨館、石見銀山を廻る五泊六日の旅行に仕立て

残念なのは紅葉の時期と重ならない事です。


-----  最初からつまずきが  -----


テレビで東名集中工事を知り調べると ありゃ~当日7時まで御殿場で通行止めダ~~~

PC020007



早出が出来ません、情報は東京インターを5時と5時20分

到着浜松SAは8時20分と24分

覚悟してゆっくりのスタートです

_DSC8306



_DSC8308

走ってみると御殿場沼津間の通行止めは解除になっていました

_DSC8307

此処でトイレ休憩10分

_DSC8312

西宮塩浜で醤油ラーメン 流石大阪美味いのです

_DSC8309


此処から中国道か山陽道に分かれます

余裕があるので遠回りを選びます

PC020001


赤がたどった道 新見で降り即給油

長距離なので正確な高速での燃費を計ってみました


_DSC8315


ここまで712.8㌔

PC020006
消費総量 全行程 124.11㍑(最後に詳細を)


此処までは左のレシート 33.81L
 
なんと21.08キロ/L この大型の車体で凄い燃費です

東北道より平坦なせいだと思います。

この遠廻りは200㍍の断崖か8㌔㍍続く井倉峡と

備中松山城の高梁(たかはし)が目的です

20151125-_DSC7838

石灰岩の会社がとても多くあります

20151125-_DSC7828

橋の奥が井倉洞

紅葉シーズンは大変な人出が予想されます

松山城は道が狭くシャトルバスが終了、高梁の古い街並みを車で堪能しつつ

倉敷の宿に向かいました。    784.5㌔㍍ 国民宿舎泊


_DSC8319

宿のそば
朝飯前の散歩です

PB260210

実は見付からず朝食後になりました



広い広い公園を北に更に登ると 鬼之城

20151126-_DSC7882


PB260215

山城を半周約4,50分 晴れて来ました

20151126-_DSC7887


20151126-_DSC7888


 朝鮮から渡って来たのでしょうか?


PB260217


PB260216


PB260223


PB260225

こんな山中に此の遺跡よく見つけましたネ

PB260227

四国でも中国でも聞くと身内が結構咬まれてます

怖いので茂みに踏み込みの撮影は遠慮し



山陽道を呉に向かいます

PC020002


20151126-_DSC7894

とても素敵な宮島SA

目を凝らすと対岸に赤い鳥居が

20151126-_DSC7891

400ミリの望遠で中央に


----

とても幸せそうな親子五人家族 

思わずシャッター押しましょうと出張り

大変感謝され こちらも幸せになり

おかげで

スタバで禁断のスイーツまで食べちゃいました。


PB260332

知る限り一番素敵なSAでした



呉 鉄の鯨館

_DSC8328

知りたいのは外殻 船の比重が約1だから

材料は特殊鋼と鋼鉄で比重10として5%くらいかな

PB260231

予想より広い

PB260240


PB260242

ちゃんと見える

PB260251

さっきの船は左に大きくカーブして

PB260267

魚雷とんでもなく精密兵器

PB260276

PB260285

PB260311


PB260317

次は隣の大和ミュージアム

PB260307

陸奥の41センチ主砲とラダー等

_DSC8337



_DSC8333

とても速そう

PB260323


最後は海軍カレー

PB260331



 記念に蒼龍の輸出が決まる事を祈念して

キャップを買いました。

PC020003



宇部につずきます。   385㌔㍍  ビジネスホテル泊



翌朝風邪気味微熱 

九時から四時半のツアーは無理と決め

キャンセル 半額は戻ります

第二のつまずきです

小野田セメントの窯等覗き秋吉台に向かいます


余り興味がありませんが地獄谷地獄台が面白そうなので

カルスト台地の丘陵地帯をハイキング

20151127-_DSC7916


科学館でもらった地図がめちゃくちゃいい加減

分岐に有る道しるべとリンクしてません

20151127-_DSC7918

丘陵で先も後も分からなくなり

何度か分岐すると迷子になっちゃいました

一時間強で何とか出会った女性ハイカーに助けられ

ようやっと戻れ

風邪の菌も汗で流れた様です


帰宅して最初にした事がグーグルで間違いを確認したことです



萩城でのんびりすごし

歴史の城下町を散策します


_DSC8353



_DSC8360

ここが武家屋敷街 此の突きあたり迄の筋が3本あり

_DSC8366

明治の偉人達の吸い込んだ空気に触れます

_DSC8367

大河ドラマは何だか知りませんが 沢山の団体に出会います

_DSC8373

近所の国士舘の隣が松陰神社ですが行った事が有りません

_DSC8382

まとめてお賽銭を入 ばちが当らない様おねがいしました


3日目 団体客利用大型温泉ホテル泊  96.8㌔㍍


_DSC8396

五時半起床 銀山ツアーは12時45分集合時間厳守

距離が有るだけ時間配分が難しい

余裕が有る内ぐいっと林道の峠道にハンドルを切り込みます

いや~ヤバイ 退避スペースの無い峠の一本道

脱輪すれば 携帯も通じない ま い った

ながーい時間 でも30分位だろう

村らしき処にほっとして出ると

焼けたての火事現場

まだくすぶってる

なにこれ


土台が立派な城造り

写真を撮ろうと想ったけれど

軽自動車が2台内で燃えていたので止めました

個人宅の火事現場は撮れないよね


目的は棚田です

_DSC8416

良ければ季節に出直す下見です

20151128-_DSC7953


海沿いの道に出ると

砂丘の様な海岸線

_DSC8426


不審船注意を呼び掛ける看板 118番

太平洋側は浸食が進むのにこちらはなんでだろう?

砂丘のトンネルを抜けると大きな水族館

土曜日なので賑やかです

_DSC8431

白イルカが人気だそうです

手まえの建物 海に背を向けてます

砂が凄いので表は裏側だそうです




石見銀山(いわみ)


PB280348

赤い柵内が鉱山左に緑の点線が港までの運搬路

当時は国内で精錬が出来ず鉱石を朝鮮まで送っていたそうです


PB280351

説明を受けながら鉱山に向かいます

PB280377


PB280379

中は観光坑道と違い照明が有りません 

懐中電灯が頼りです


PB280364

二種類のコウモリが冬眠していました


試しに五人のライトを消すと漆黒の闇で

江戸時代の構内の照明 亜麻仁油のランプを点けて試すと

驚きの暗さ 何にも見えません

良く鉱脈をなぞって掘れたと驚きの連続


PB280360


_DSC8444

院内銀山と同じように薄い団扇の様に鉱脈が縦に広がります

高温高圧の含有熱水が出口を求めて拡がった様子が分かります


PB280380

露頭鉱脈を見つけるヒントの植物

PB280381

PB280383

まむし除けの杖をにぎり頂上近く120㍍登ります

PB280391

近代のボーリング跡

ガイドに今までの疑問を全て聞けた大変有意義なツアーでした

PB280393

PB280396


団扇状に広がる鉱脈の模型

PB280398

此処でも小坂銅山の藤田組が関係していました

現在は同和ホールディングスだそうです

銀山の町 大森町

_DSC8464

とても素晴らしい街並 銀のアクセサリー店

20151128-_DSC8009

ネックレスを一つ買って仕舞いました

20151128-_DSC7986

20151128-_DSC7982


4日目 出雲駅前ビジネスホテル 232.8㌔


5日目朝 雨

鰐淵寺(がくえんじ)に向かいます

今日までが紅葉祭り最終日誰も来ませんでした

 
PB290408
 
ここは弁慶が三年間修業したといわれる寺です

20151129-_DSC8030


20151129-_DSC8036


20151129-_DSC8049



今回の旅行は長距離の為どこかでオイル交換が必要で

5000㌔毎に正規デーラーで純正を入れています

東京で一週間前に

PB120150


細かく検討して出雲のマツダに9時30分の予約をいれました

千数百キロ旅をしてJR並に時間どうり到着


_DSC8473

トリップBを見ると4919.6㌔

本人もびっくり 偶然です

(トリップBはオイル交換時にリセットしています)



***** さて此処で第3のアクシデント *****


大山が一昨日降った雪で閉鎖

今日は大山を堪能して蒜山(ひるぜん)高原泊する予定でした


早速ここで冬用2本を後輪に履き替え

_DSC8474


前輪は現場でチェーンを巻く計画

指折りの美しさと聞く大山ドライブウエイ

残念です

問題は時間が余り過ぎ

凍結状態が分からないので日の高い内にホテルに入ろうと

米子道に向かいます

20151129-_DSC8058

途中峠を越えせめて棚田一つに寄り道

_DSC8481

神魂神社(かもす)

PB290412

今回はあちこちいっぱいお参りしました

最後にふさわしい神様に 精一杯のお願いをしてお札ももとめます

20151129-_DSC8076


14時 米子道に入ります

あ~~ 始めて観る大山!!! まるで 

富士さん

_DSC8483

おとなしく15時 チェックイン

5日目 蒜山休暇村泊 148.8㌔


翌朝雪の残るホテル周辺凍結を恐れゆっくり目に8時出発


三度休憩して5時東京に到着

_DSC8509


本日703.6㌔ 総走距離 2351.5㌔

実走燃費 2351.5÷124.11=18.95㌔/L でした



追記

20151130-_DSC8097


20151130-_DSC8096

横から見た大山 富士山型でなく かまぼこ型なんですね

ギャラリー
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
カテゴリー
  • ライブドアブログ