強風は北西

珍しく飛べない両日となりました


今日は楽しみなフォト大賞の選抜日


そして忘年会です


前日優勝を祈願しに薬王院へ登殿

高尾山は北西を山々に囲まれた山塊の南東端

冬の時期フライトエリアの小屋が吹き飛ぶ強風でも

穏やかな木漏れ日が射し込む山道です

PC100002



一号路を30分、ケーブルの山頂駅まで「2/3」を登った見晴らし台


今日は野鳥観察の団体が大勢います


ここまでが一番きつい、いつも着ていた2枚はぬぎ3枚となります


ここから約45分で頂上

PC100004


雲もぶっ飛んで富士山がきれいです

PC100015


さらに60分 12時15分 一丁平到着

富士の南東面の乱気流が山飛びの怖さを伝えます

PC100018


雲の動きをいつまでもゆっくり見ながら 贅沢な昼食

この30分を味わう為だけの山行きです

PC100021

4,50㌔はつずくでしょうか

富士山で発生した雲がまるでSL機関車が山裾をめぐり進む様に観えます


雲と遊ぶ 楽しいですネ。





高尾山


週一の高尾山の参拝二週ほど所用で休むと

なまった体が軋み少し不安になる

_DSC1156


寒いせいか珍しく視界がきく

_DSC1158


_DSC1166


_DSC1170

28日月曜日なのに山頂

紅葉祭りに外国人が加わって大賑わい

ケーブルカーを使い此処でビールを飲み引き返す方が大半だ

_DSC1199

坂上に茶店がある

_DSC1179

紅葉台 昔はもっともみじが綺麗だったきがする

_DSC1180


茶店の景観

_DSC1197


裏からの紅葉台


*****

一丁平

_DSC1183

僕は此処で昼飯

_DSC1182


_DSC1190

城山頂上 

_DSC1192

ぼんやり津波の様に見えた影

500㎜の望遠で捉えると超高層のビル群だった

_DSC1201


高尾山頂に戻るとまるで竹下通り

ケーブルカーは40分待ちだそうだ


定刻に薬王院に降りお勉めを撮影

_DSC1217

21日がありがたいらしく

参拝帳に印を21回記す

_DSC1236

一位が99冊

_DSC1237


一回100円だそうだ

_DSC1253

下りのリフトも200㍍の列だった

-------------------------------------

30日水曜日 此の日も寒かった

チャリで高尾山に向かう

_DSC9959
 
8時半に出発し多摩川のエリア 富士山が綺麗だ

_DSC9968


周辺で一番の自然地帯 

_DSC9974

観察小屋周辺は超望遠が一台

_DSC9981

今日はここまで


PB300181

北野街道横浜線 湯殿川 打越橋

近くの平山城址公園でお昼ご飯です

PB300185

PB300187

広すぎだし凄い丘陵地帯

PB300188

徘徊せずご飯の食べ退場

_DSC9986



日暮れが早く 4時30分にぎりぎり帰宅 くたくたでした。




























会の撮影日



昭和記念公園

隣は数年前まで毎年飛んでいた立川防災基地

公園は初めてです

_DSC1066


子持ちの家族には良い処ですね~

_DSC1075


_DSC1086


_DSC1097

雲の上を歩く嗜好

20161121-_DSC0947

左の端 モデルを伴った数名の愛好家

_DSC1109


_DSC1114


_DSC1129


_DSC1134


_DSC1139



とても広く充実した場所でした。

















ギャラリー
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
カテゴリー
  • ライブドアブログ