そろそろ疲れが



気温の変動のせいか

昨日 気管の奥から咳が出ます

早朝此れは撮影会欠席かな~

目覚まを止め恐る恐る熱を計ります

6度2分

今日も一日おとなしくしてい居れば大丈夫かもしれない

今回は船で渡る横須賀猿島

冷雨に降られても簡単には帰れないのが引っかかる

老人ですから肺炎が命取り

明日朝決めようとスーパーに昼の買い物に出ました

猿島は歴史的遺構が在る場所

モノクロ写真で撮ってみようと計画

外出するとすぐ学校の自転車置脇で

珍しい 青大将です 此処は渋谷から3㌔の場所ですョ

112



113

とおり掛かった老人としばし蛇談議

八王子の業者が近年山かがしがイノシシに食べられ居なくなった

まむしも食べちゃうそうです 場所はサマーランド周辺で営業

我が家周辺は古い木造住宅が密集 鼠が多く生存しています

それでもやまかがしを捕えたのは20年以上前ですか

114

下北 左に曲がればスーパーです

20170512-_DSC2680

今日は暑い タイムリーに千葉産の枝豆がもう

20170512-_DSC2684

我が家の駅

モノクロ写真の撮影練習でした。


追伸 13日午前6時某分 撮影会次週順延のメールが届きホットしました








みなと柏崎



今回は初めて3泊4日

16名も居るのでお風呂を諦めカメラを片手に宿周辺を散策してみました

100


雲があり美しい夕日に出会えました 18:26



背景を考え防波堤に走ります

登り口は500㍍先 カメラを抱いて全速力

上り切って細い堤防の上をすり足で戻り

101


ここで日没を迎えます 18:34

102

18:37:06

103

18:37:21

104

18:37:41

105

18:38

19時から食事

宿周辺に戻るとーーさんが心配して探してくれてました

ごめんなさい



最終日朝

106

4:16

港から大人数の声が風に載って窓の障子を震わせます

そとは真っ暗 目をとじて半刻

そーと ズボンとジャンパーを付け玄関のカギを開けます

暗い中多くの人たちがうごめいて居るようです

107

4:37

108

4:55

109

4:56

110

5:04

111

5:09

今は車も500台位止められる立派な港ですが多分

昔は

_J9A2996

茶やの在る番神岬の前

小さな岩礁に港の面影が在りました


_J9A2999

安心して駐車でき沖に数百㍍行ける場所はあまりないでしょう

_J9A3431

許可書を貰う列

_J9A3439

先のゲートで管理されたます

港を見渡そうと高台に登ります

_J9A3456


_J9A3440


_J9A3449

氏神 諏訪神社が漁の安全を見守り

老婆が一人登って来ます

挨拶を交わし 神様に両手を合せる老婆の後姿

海に暮らす1人の女

思わずこの方の人生を想い浮かべます


_J9A3458


隣は日蓮上人が勧進した番神堂

1274年からの歴史です



宿に帰る坂道でこの歌を口ずさんでいました。


吹雪がやんで

 雲間がきれて

うみ風に巻かれてごめが鳴く
*
*
番屋では夜どうし焚火たく

浜の女はよ~ 今日も沖をみる

かわいいあにさの船をまつ~~

あんたがぶじで戻ってきたら

死ぬほどあんたを~ 抱いてやる

















 




 





人生を変えるテレビ



山登り中滑落したサラリーマン


大量出血、食糧無し


孤独な山中での14日間のサバイバル


5月8日(月)10:25pm~11:15pm

逆・転・人・生

NHK総合



柏崎ツアー 無事終わりホットしています

水没と山沈が考えられる場所だけになおさらです

僕もゲレンデに刺さった事が有りますが

山斜面付近は風が乱れ翼に揚力が得られず

本人も嘘だろと叫びながら落ちて仕舞う様です


この番組の内容は知りません

次回山周辺で飛ぶときの参考に成ればと


--------------


グラハンの為(?)の体力鍛錬の山登り

最近おばさんパワーに押され気味

何が珍しいのか「ちっこい花」が可憐で精楚だそうです

地べたに這いつくばって、高尾すみれを撮っている5,6人のオバ連

おおきな「けつ」達が狭い山道をところ構わず一人占め

そんな団体があっちにもこっちにもそんな道を避けて

南高尾山稜に向かう事に致しました


4月30日日曜日

初めての場所、何を持って行くべきか?

あれこれブログをのぞくと結構な荷物が要る

僕なりに減らし凶とでるか吉とでるか

それでも水と乾電池は余分に

ザックはいつもより倍の重さ


高尾山口から 大垂水までが南高尾山稜

後はブログで見た方の林間コースをたどり高尾山口への予定


P4300079

林道を使えば城山の下100㍍位を平坦で楽に稲荷山コースまで行けます

P4300089

此処から獣道の様な坂を登り

P4300093

たれとも出会わなかった 林道に比べ此処からは渋谷原宿並の雑踏

P4300096

稲荷山コースと合流


一か月迷った考えが実現した瞬間です

精楚で枯れんな叔母さん達にあるいは感謝。

 

5月7日日曜日

南高尾山稜実用開始です

_DSC0361


GW最終日 人出は何時もの1/3 朝が早いからかな?

_DSC0362

駅前のこの橋を真っ直ぐ進むと登山口

大きく息を吸ってスタートです

_DSC0368


此の送電線の先 山の峰欠けた処が一丁平の下り坂

帰り道反対側からも写真を撮ろうと思っていて

気が付いた時20㍍ほど通り過ぎ、戻る元気が無いほど

疲労していました

_DSC0371

_DSC0375


ストップウオッチは1時間7分を示しています


此処で珈タイム5分

_DSC0383


標高は低いが登り降りの連続で 此の日の暑さにはまいった

_DSC0397


記憶では一番の急坂 降りるのは かなり危険が


此のコース全体が滑落 行方不明のおそれを感じ

少なくとも発見者の多かろう GWを選んだ次第です

_DSC0401


見晴らし台 普通なら此の周辺でお昼ですが訳があり休憩だけ

_DSC0402

今日は霞みで富士山が残念

_DSC0403


1時間17分で二回目の休憩

下の写真は前回のもの

P4300045

P4300051

尾根道は時々ラクダのコブの様な10から20㍍の子山が有ります

其のこやまを避ける「まきみち」もあったりします

前回は試行の為ほぼ楽なまきみちを使い

今回は実用試験の為全部本筋で頑張りました

_DSC0412


_DSC0413

_DSC0416


もう終盤です

_DSC0421


大垂水のバス停で4人が待って居ます

_DSC0423


歩道橋が下山出口

5月4日 柏崎の帰路19時頃ここを通過して夜の様子を見てみました

思った通り鬱蒼とした森は ふくろうも通わない程 真っ暗

うねって細い車道を歩くのは更に危険

タクシーを呼べば一番ですね

P4300075


此れは前回の写真

 一時間遅くの出発で 時計は午後1時7分 ほぼ同じペースでした


一日3本のバス ダイヤを本当に信じて良いのか
 

おおいに疑問が湧き、この事を確かめたいと思いました

_DSC0430


来ました 定時です 日本人は本当に 素晴らしい


この確認の為 カメラの時計を秒まで合わせておきました

大きな目的の半分は果たせた気持ち



ストップウオッチの山行きは思ったよりずっと体を疲労させたようです

城山は670㍍ 此の場所は400㍍

前回は45分で登りきり 軽く考えていましたが

_DSC0431

水場はここだけ念の為補給します

_DSC0433

100㍍登り休憩 今までにこれ程足が動かないことは有りません

_DSC0435


70分 なんとか定時内で到着

_DSC0436


疲労は空腹の為かと想い非常食用のアーモンドチョコ食べて試みます


そんなこんな だましだまし着いた頂上です

_DSC0438

サバの押しずしと稲荷6個

あ~~~ うまい!

40分の休憩 先を急ぎます

_DSC0442

それから1時間 稲荷山コース 

林道からの合流地 先週から1週間の成長を誇らしく振り返ります

_DSC0445

最後の展望台

あと一息で下山 やっと落ち着いて女性等も展望 

つくずく  女性って 

美しいな~ と思っています


_DSC0453
  

稲荷山コース登山口

 黄色の登山電車がと止まっていて 今日は稼げなかったと プシューとため息

_DSC0455

16時13分 戻ってきました

_DSC0457

帰宅すると娘が焼いた国産小麦のパンが届いていて

急遽 壱さんのおおせに従い肉を食べる事にしました。

P5080187



P5080186

上はカシミール 軌跡が高度別に表示されてますがこの画面では判りませんね

途中までGPSのスイッチを入れ忘れ

まるSがスタート 黒線から時計廻りです

まん中の道が甲州街道です
















ギャラリー
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
  • 夏休み真っ最中
カテゴリー
  • ライブドアブログ