連休明け初顔合わせ



皆さま渋滞に悩まされた様で

ぼくも未だ疲れを引きずって居ます


今日は雲低が低く気合を入れて準備

ウインドソックを揚げるものもどかしく

エンジンをかけ う~~ん

スカイでは一寸強いナァ~~

珍しく先によしさんが準備完了

僕がおさえに廻ります

一帯の田んぼは全て雲を写しています

ホット 安全高度

凄い早さで南に飛んで行きます

左ターンで東に向けてみて~~ 僕ががなります

やはり厳しかった

僕の機体では前にでずらかった

よしさんも一周で戻った午前の一本でした



それから有意義な座談


壱さんが柏崎の「スーパーホバリング海の旅」4K実写記録の上映と解説

3枚 ありますから希望者に廻り持ちで

私はNHKの山で不明者に の録画ビデヲ

原野、広い河川敷で不時着 足を折れば誰でもあり得る事

此れも見て無い方は是非申し出て下さい



3時には強めが入る予報に

2時頃3人が出ますが皆一周で逃げ帰ったコンデションでした


今日は写真を撮る機会が無く有りません



K崎さんが西武球場の薔薇園に行った話し

大里の薔薇の話やモノクロ写真からカメラの話し等で

帰宅後庭の薔薇を撮りましたので

載せておきます


P5140023


P5140024


P5140025


P5140026


P5140027


P5140028


P5140029



今日は母の日 バラが大好きだった母の仏壇に

P5140190


カメラに付いている効果で多彩なシーンの数々です


P5140191


P5140192


P5140193


P5140194


P5140195




P5140196

P5140197

P5140198






P5140199

P5140200



カメラは山とか旅で携帯している オリンパスの水中防水コンデジです

以下は撮影会で使用する一眼レフ 2015年5月19日

徒歩通勤時の 代々木公
園です


20150519-_DSC5142


20150519-_DSC5159


20150519-_DSC5183


20150519-_DSC5190


20150519-_DSC5192


20150519-_DSC5195


20150519-_DSC5202


なつかしい~ な~


12年よくあるいたよ















そろそろ疲れが



気温の変動のせいか

昨日 気管の奥から咳が出ます

早朝此れは撮影会欠席かな~

目覚まを止め恐る恐る熱を計ります

6度2分

今日も一日おとなしくしてい居れば大丈夫かもしれない

今回は船で渡る横須賀猿島

冷雨に降られても簡単には帰れないのが引っかかる

老人ですから肺炎が命取り

明日朝決めようとスーパーに昼の買い物に出ました

猿島は歴史的遺構が在る場所

モノクロ写真で撮ってみようと計画

外出するとすぐ学校の自転車置脇で

珍しい 青大将です 此処は渋谷から3㌔の場所ですョ

112



113

とおり掛かった老人としばし蛇談議

八王子の業者が近年山かがしがイノシシに食べられ居なくなった

まむしも食べちゃうそうです 場所はサマーランド周辺で営業

我が家周辺は古い木造住宅が密集 鼠が多く生存しています

それでもやまかがしを捕えたのは20年以上前ですか

114

下北 左に曲がればスーパーです

20170512-_DSC2680

今日は暑い タイムリーに千葉産の枝豆がもう

20170512-_DSC2684

我が家の駅

モノクロ写真の撮影練習でした。


追伸 13日午前6時某分 撮影会次週順延のメールが届きホットしました








みなと柏崎



今回は初めて3泊4日

16名も居るのでお風呂を諦めカメラを片手に宿周辺を散策してみました

100


雲があり美しい夕日に出会えました 18:26



背景を考え防波堤に走ります

登り口は500㍍先 カメラを抱いて全速力

上り切って細い堤防の上をすり足で戻り

101


ここで日没を迎えます 18:34

102

18:37:06

103

18:37:21

104

18:37:41

105

18:38

19時から食事

宿周辺に戻るとーーさんが心配して探してくれてました

ごめんなさい



最終日朝

106

4:16

港から大人数の声が風に載って窓の障子を震わせます

そとは真っ暗 目をとじて半刻

そーと ズボンとジャンパーを付け玄関のカギを開けます

暗い中多くの人たちがうごめいて居るようです

107

4:37

108

4:55

109

4:56

110

5:04

111

5:09

今は車も500台位止められる立派な港ですが多分

昔は

_J9A2996

茶やの在る番神岬の前

小さな岩礁に港の面影が在りました


_J9A2999

安心して駐車でき沖に数百㍍行ける場所はあまりないでしょう

_J9A3431

許可書を貰う列

_J9A3439

先のゲートで管理されたます

港を見渡そうと高台に登ります

_J9A3456


_J9A3440


_J9A3449

氏神 諏訪神社が漁の安全を見守り

老婆が一人登って来ます

挨拶を交わし 神様に両手を合せる老婆の後姿

海に暮らす1人の女

思わずこの方の人生を想い浮かべます


_J9A3458


隣は日蓮上人が勧進した番神堂

1274年からの歴史です



宿に帰る坂道でこの歌を口ずさんでいました。


吹雪がやんで

 雲間がきれて

うみ風に巻かれてごめが鳴く
*
*
番屋では夜どうし焚火たく

浜の女はよ~ 今日も沖をみる

かわいいあにさの船をまつ~~

あんたがぶじで戻ってきたら

死ぬほどあんたを~ 抱いてやる

















 




 





ギャラリー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
  • 日光アレルギー
カテゴリー
  • ライブドアブログ