どれ見のとぼとぼ

15キロ徒歩通勤の12年と定年退職後の景色

マツダCX-8実走燃費



2月初旬に注文GW直前に納車


以前に報告したアテンザ燃費に継いで


この兄弟車で如何変わったか


P6030148


アテンザと同じ2200ccディゼルターボ

重量が200㎏増えて四駆にしたこの結果がどうなるか

比較は(最後に記述)

待ちに待った旅行二重の楽しみだ


何故大変気に入ってたアテンザ換えたのか

やはり安全運転支援機能の進化がとても魅力的に映ったからです

P6030145

P6030146

P6030147

この革新は僕ら年齢では10年が1年で進化する感覚です



写真は52枚 燃費だけ気に成る方 先に結果をお知らせします

P6020137

練馬インターを5時関越信濃を8時00 30分戸隠神社奥社駐車場

木曜日はここ戸隠泊 金曜は栂池スキー場泊の行程です

写真撮影が目的で地形を観ながら適所を探し

面白そう方面は躊躇なく向かいたい

結果

山中のバイクツーリングが喜ぶアップダウン連続の山道

一車線を行きつ戻りつ対向車を交わしての林道


P6030139

14時八方を出発 安曇野中央道高井戸 環8のスタンド 18時着

走行距離 824.5㌔ 52.1㍑

15.825㌔㍍/㍑ メーター表示も正確でした。


_DSC1824

カメラの雨支度を整えて静かな参道を一人進みます

此処まで1㌔ 此の先1㌔です

_DSC1835

近くにあれば毎朝登るでしょう

_DSC1843

奥社で交通安全のお守りを求め

退職後の旅行を楽む京都の御夫婦としばし談笑

後ろにそびえる山姿にひどく関心 登山口に向かうので

あわててここは上級向きで多くの死亡事故を伝えます

_DSC1852

駐車場に戻り 熊対策用品を準備 森のお花畑を散策

誰もいない 雨の木道を鈴の音だけが支配し

何の収穫もない1時間 マイナスのお貯金が溜まります
 

鳥居脇の素敵なお蕎麦屋さんが営業開始

美味しくてんざるを戴き

鏡池に向かいます

_DSC1874

逆さの山影を鏡の様に捉える

しかし小雨を降らせる雲が山容を隠し、風が鏡面をくもらせる

濡れて待つ身は寒く 30分が限度

_DSC1861

中社を訪れたり牧場、念仏池、小鳥池、キャンプ場、etc

訪れ引き返し結局此の山中の池に6回も挑戦しました

_DSC1884

_DSC1858

池の端にあるおしゃれなカフェで昼食

_DSC1888

_DSC1894

翌朝 再び 霧(限)がないとは この事のよう

右端が奥社で望んだ山容 見るからに危険まるだしです

_DSC1906

P6030140

上の付箋が戸隠神社周辺 左の△が八方 

其の上が今夜泊る栂池

行程は左下に向かい 更に下のページ 上の付箋

P6010121

P6010122

_DSC1949

P6030141

P6010123

ひたすら尾根道を、しかし期待の北アルプスの眺望は雲の中

_DSC1955

オット突然ヤバイ程危険な渓谷に出会います

左は深い谷 右 いや上は せり出した岩石

手彫りのトンネルをいくつか抜けますが道幅が無く

車が止められない 

写真を撮るなら徒歩かバイクか


そして下の付箋から左に向かい 大町から北上 白馬岳に向かいました

_DSC1956

鷹狩山展望台 麓の山岳博物館を経由して

_DSC1959

白馬岳登山基地 猿倉荘に向かいます

_DSC1979

_DSC1964

雪渓から融けだす水量

中腹から下る二本の管 水力発電所のうなりを横目に

山道を注意深く走ります


7月には列をなす登山者 今来れるのがリタイヤ組の特権です

P6010124

本格営業は6月中旬 車は6台駐車していました



白馬岳周辺は人気の永住ポイントだそうです

町の周辺を散策 成程此の山容が山岳信仰を起こすのですね

_DSC1991

_DSC1992

同じ場所ですが縦位置にすると意味の無い写真が神がかりを感じます

周辺の山を走り廻り棚田に映る雪の頂きを探しますが

都心の駐禁に似て全域「熊注意の看板」の存在 

「熊タイムス」でも探したくなります

趣味の域ではこれまでしょう


_DSC2002

栂池スキー場

P6010127

翌朝ホテルの窓から遠望

急きょ予定を変更

6月1日開始の栂池高原ゴンドラ「イブ」による3時間20分の散策計画を

P6030144

6月2日開始八方尾根ゴンドラ「アダム」八方池探訪3時間に切り替えます

やはり雪を蓄えた今の写真と池に写る山容に未練を残しました

P6030142

P6030143

_DSC2007

昨日エリアで説明した吊位置の変更 足が雑草に触れる安心感

_DSC2013

 高度差260m登ります

_DSC2025

雪渓を渡り

_DSC2036

_DSC2038

足を滑らしたら奈落の底 皆登山靴を履いてます

_DSC2042

ここがお目当ての八方池 生憎まだ早く一面雪で覆われていました

_DSC2045

池を見下ろす第三ケルン2035㍍です

_DSC2052

_DSC2072

池のふちに腹ばいに成り薄氷を取り除いての一枚 

_DSC2080

第3ケルンから池を望む 腹ばいに成ったのは左端の右の式台

_DSC2101

おおよそ4時間で戻り ほら吊位置が半分以下でしょ

右の広場がパラグライダ基地

_DSC2107

_DSC2112

_DSC2139

_DSC2217

_DSC2218

おおよそ一時間 ゆっくり飛行を観賞 素晴らしい背景

ハワイ永住より良い場所の気がします。


----------------------


アテンザの実走燃費を記載は

2015-09-08
2015-10-20
2015-12-03

の三回です。


















訃報に気がぬける



50年まえ我が家の傍で撮影していた彼女

映画で観るより小柄でほっそり

もの凄い美人だった


僕のロウソクも後どれだけだろうか

そんな身を危険にさらす行為に接している


------

北高尾山稜

P5180082

印3本 右から左へ 八王子城跡 狐塚峠 堂所山 此れを試したい

道に迷いやすく又高低差抜け道が無い等難しそうである

4月30日 先ず安全な路から覗いてみることにした

P5180084


 小下沢登山口から狐塚峠 そして板当峠方面へ向かい引き返した

P4300052


せせらぎのこだまする林道を一時間

P4300053

連休のゆったりとした風がそよいでいる

P4300060


十時路 右が狐塚 真っ直ぐが関場峠 左が後日やる影信山


P4300058


ころげ落ちそうな急登
 

P4300059


左前から来て後 八王子城址に向かう 前は堂所山3時間10分だ


P4300062

ころげ落ちるのをこらえ無事下山 此処は対面影信山行き登山口


P4300065

こんな趣味も流行り出した

-----------

5月6日

P5180083


右下の駒木野病院から入り左 上 右 の八王子城址を目指した


P5060082


先ずこの道を入り 落ち葉が深く危険と引き返し

P5060084

ここを登る人を見かけついてゆく

P5060088


余の草深さに危険を感じ引き返す

---------------------
-

P5140024


5月14日 爽やかで気持ちの良いが紫外がきつい

P5140031


兎に角女性が佃煮ほど

P5140037


右に小さく見えるのが 圏央道 あそこから登り左の峰々が北高尾山稜

P5140040

この影信山を右端方面に下り手前の山を左に下がると小下沢林道

今日は4月30日の林道を下る予定だ

P5140045


いつもは右に1時間バス道を90分で高尾登山口に着く

真っ直ぐ行く

P5140046


左鋭角に曲がる

P5140047


前日の雨で落ち葉 木の根 岩を注意深く進む

滑ったらお終いだろう

P5140048


道が2つに 左をゆく

山ナビは木々の密度で電波を拾えずずっと誤差動を繰り返す

P5180084


左下が小下分岐 2番目の山中で引き返す

分岐まで戻りバス道を80分 駅着5時

いつもより一時間遅くなった

濡れた山道に足跡はたっだのひとつ

あの時間以降はだれも使わない道だろう

滑落は骨折か死亡の傾斜角 予感は感じないが止めておく積りだ。

-----------------

5月16日 気分転換に海に向かった

P5160053


屏風ヶ浦のビーチライン 銚子に向かっている

_DSC1592


_DSC1362


あの煙突までマイケルさんと飛んでもう10年以上だろう

_DSC1353


_DSC1461


_DSC1524


いわしだろうか 二羽でどんどん食べている

夕方狙いで佐原に向かう

_DSC7264


P5180079


この醤油家族に大変評判が良かった

P5180085


_DSC7271


ここがお店

_DSC7276


なかなか良い場所 伊能忠敬の記念館に寄れず銚子に引き返す

_DSC1555

_DSC1572


方向的に赤壁はむりだけど冬場にはもう少し写真が面白いと思う


---------

5月17日 3ヵ月毎の検査日

かつて通勤途上の病院に向かう

12年も良く歩いたものだと感慨の代々木公園

P5170064


P5170068


P5170070


明治神宮はほぼ外人に占拠 中国人4人に白人2が闖入

ウエルカムでさらに2組が加わり旅先の国際交流

世界中個人外交で平和だといいですね

P5170072


競技場でいつもの珈琲タイムでした。





ゴールデンウイーク 改訂



休日達も無事終わりました

昨日は山道を二度迷い此れはまずいと引き返し

今朝のニュースで雲取や御岳の事故を知り

くわばらくわばら

今年の連休は旅行せず大里に3日行きました

28日土曜日

_DSC0376

_DSC0411

随分昔で記憶がうすい

手帳にはT氏2本ぐらぐらとある



2日水曜日

10時電話あり急いで向かう

GW AW特別サービスメニュー

Wさん父親タンデムを撮影

_DSC0456

_DSC0495

_DSC0779

_DSC1062


本人もエリアをキャンバスにツバメの様に航跡を描いていました

5日土曜日

_DSC1088

バーベキュウーに多くが集まりました

_DSC1129

ひるまは荒れましたが強め安定で皆果敢に飛び出して行き

_DSC1174


すっかり影が長くなり帰宅は20時半となり

おかげで充分な準備も出来ずに翌日の山行きの失敗


それでも引き返し後

気をとり直し国道を到着地側に廻り八王子城址460㍍を堪能

素晴らしい城跡でした。




------------追伸----------------



最初に迷った路

P5060092

P5060085


この道を真っ直ぐ行く

P5060086

正解はこの土手を登る

P5060087

P5060090

こんな崖をよじ登る

P5060093

危険を感じ駒木野医院跡の日本庭園で休息

P5060145

P5060101

本丸跡 朽ちた大木或いは合戦を目撃していたのだろうか

奥にも左にも大木が残っている

P5060120

よくこんな急峻に築城したものだ

恐ろしい激戦 想像もつかない

P5060137

眺望も心を洗われる程素晴らしかった







ギャラリー
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
  • マツダCX-8実走燃費
カテゴリー
  • ライブドアブログ