日影バス停


ジムに代わる高尾登山、私鉄のみ使い

年金生活を保護しますが


近頃人気一番の「いろはの森」コース

19日 試しにこころみました

高尾北口から小仏峠行きのバス

9時12分のバスの22分前に到着 既に7,80人が列

マイッタな~ 次は1時間後だ~~

列はその後も伸びてゆきます

最後尾を間違える新参者に殺気が走ります

バスが2台連なって到着し 問題解決

ギュウギュウ詰めも「にこやかに」我慢の8停留所

日影で7,8割が下車


P4230004


おじさんおばさん達がネット通販のカメラで

高尾すみれ等に群がり撮影 牛の糞状態

踏まないように先を急ぎます



23日日曜日 前回からGPSを携行、体の調子を計測する事にしました

P4240036

地図も買いました

P4240035

高尾薬王院の1/10000位の登山者 「南高尾山稜」行きの準備です

P4190089

ここが出発口城山湖方面です 平日は誰とも出会わないかもしれません

P4190090

P4190087

甲州街道大垂水のバス停看板で

日曜日大垂水で「南高尾山稜」から来た人に訪ねます

8時に高尾から入山し現在1時 私が8時35分ですからほぼ同じ



只 こちらは道ずれが10000人 あちらは1人

年寄りは人と知れずの骨折を避けたいです




P4240037


今回の軌跡です

  場所            時刻      高度  距離㍍ 所要時間


s高尾駅           8時35分       200㍍   ................
①金毘羅稲荷        9時00      362  1360        25分
②ケーブル山頂駅    9時18      483      2190   15分
③蛇滝           10時20             208      4300   60分
④イロハの森4号合流    11時22             531      7030   60分
⑤高尾山頂        11時43             604      7940   10分
⑥大垂水                       12時48             423    10470   52分
⑦城山山頂                   13時50             672     12310   45分
⑧もみじ台下                 14時45             472     13920       30分
⑨高尾山頂                   15時06             593  14730    19分
⑩ケーブル駅                15時38      479  16550    30分
⑪金毘羅稲荷                15時50     371  17400    11分
end落合カフェ                16時17     189  18550    25分

時刻と所要時間加算が合わないのは休憩時間がそれぞれの為

P4230002


蛇滝への降り口


P4230003


蛇滝下のバズ停


3駅歩いて日影バス停へ

P4230006


日影キャンプ場が賑っていました

此処から牛の糞を注意し、いつきに登ります

P4230007


高尾山頂 大混雑 少し息苦しいので サッサと進みます


P4230010

もみじ台下

左のまん中の道を選び 現在地を2時方向「学習の歩道」を大垂水まで下ります

P4230012



日曜のせいで4、5人に出あいました 道は細く抱き合わないとすれ違えない程


又 所々崩れていて崖下4,50㍍迄直下ってます


落ちれば人知れず白骨か?


いやホント

P4230024


大垂水で出会った方は顎があがりバスで折り返しました

私は「みとおし」が立ったので元気一杯

一気に250㍍ 城山に向かい

公式所要70分を45分で頑張りました。

P4230025


山頂はコーヒーのみで駆け足

P4230026

一気に金毘羅稲荷です

此処からは初めての道

P4230028

P4230029

うむ 捻挫しそうな滑るヤバイ道 此の時間はもう誰も使わない道の様だ

P4230034

無事にカフェ脇に下山です。


途中 川越エリアの皆さまからタムラさんへのお祝いの返事を戴きながらの山行きでした。










            
                

桜をもとめて南下!?



いつだか四季がなくなったと云いましたが

ドラム缶で薪を焚いていたのが先週

そして16日のエリアは半袖の夏日


北海道では大雨

ジャガイモが高騰

我が家ではゆでたポテトをデッシュセンターに昇格

新じゃがの旨さを見直す始末


世の急変に付いて行くのが大変

本質を見極めないと年寄りは「右往左往」するばかり



_DSC2377



右の海は駿河湾 沖の陸は伊豆半島の西の肩


此処は沼津 香貫山


正面の山々が沼津アルプス

此の山の一番奥 多比から此の香貫山まで6時間半

南、中央、北アルプス登山の足慣らしに此処を使うそうです

_DSC2383


numazu[1]

_DSC2386

_DSC2411

此処は香貫山駐車場

この日は生憎富士山(正面)は雲の中


_DSC2384

見えてる山は富士山の手まえの三山

P8230069

五年前伊豆の西肩から撮った沼津アルプスと富士山と

その日のブログを併載しておきます

http://blog.goo.ne.jp/tateyamadeturi/m/201208


高尾山で鍛えて此の縦走を目指したいと思ってます
















土曜日


土曜日おなじみの土砂降り

P4080260


此処はおなじみ そうです 練馬のガスタンク

いつもよりエリアに遅く到着


それでも一時間程メンバーを待ち

桜を探しに北に向かいます


低い雨雲 150㍍辺りから弱い吸い込み

4800~5500回転で釣り合いがとれ


桜に見惚れていると雲の中に突っ込み高度は220㍍

ありゃ~!!の連続

3,40分飛んでスッカリ花冷え 桜は寒い




スキーシーズンも終わり続ぞく(?)メンバーが戻ります

P4080264


春 胸一杯 菜の花を満喫

P4080262


蜂の巣箱もたっぷりで

P4080320


結局 花見は飛ばずにエリアが一番

P4080341


P4080345


P4080346


終日よかったです。

ギャラリー
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
  • 日影バス停
カテゴリー
  • ライブドアブログ